実はその方が、余分な修繕費用がかからずに済みます。

外壁塗装を検討する時は、可能な限り多数の塗装屋に見積りを依頼し、相場を確認しておくなど計画的に行うことが大切です。

数ある失敗の中でも最も多いケースは、複数の業者から見積りを取らずに、外壁塗装を着工してしまうことです。

一般的な相場を知らないままで、意外と損をしてしまっているケースは多いです。

外壁塗装には、デメリットは考えられません。

無理に挙げるならば、外壁塗装自体に永久的な効果はなく、塗料の種類によって年数に違いはあるものの、定期的な塗替えが、必ず必要になるということです。

そうはいっても大切な外壁を守るには、塗装以外では貼替えなどの手段しかなく、建物を長く維持していくために、必要なものです。

アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系の順です。

フッ素系塗料は耐久性に優れ、直射日光や風雨にさらされてダメージを受けやすい、屋根に使われることが多いです。

今現在で外壁塗装に最も使われるのは、価格の耐久性のバランスが良くコスパに優れたシリコン系の塗料が多く使用されています。

外壁は素材の違いにより、湿気や水分に弱い物があります。

家の外壁で特に最も多いミスは、塗装の時期を誤ったことで起きる、使われている塗料の性能を超えて、塗替えを怠ったために、そうなってしまうと補修にかかる費用も高くなるので、外壁自体に異常が観られるような場合は特に早めに専門の施工業者に見てもらったり、見積りも依頼しておいたほうが賢明です。

外壁の塗装は通常、塗膜の耐久年数が塗料により数年~十数年となります。

ですので約10年に1度程度は塗装屋さんに状態を見てもらうと良いと思います。

この定期的な点検をすることで、財産である家の寿命を最大限に延ばすことに繋がるのです。

外壁工事をする意味は建物の美観を保つことはもちろん、外壁そのものを保護する大事な役割があります。

家の壁を護り、耐久性や防水性を高める。

塗料の機能によって断熱効果、遮熱効果や塗料の特性で雨で汚れを流れ落とす塗料も存在します。

周知の通り外壁塗装は外壁の耐久性を上げる効果があります。

塗料には種類があり、耐久力の低いものから高いものへ並んでいることが多いです。

定期的に塗り替えを行い、外壁の保護と同時に内部にダメージを与えないようにし、建物全体の寿命を延ばすことにもなります。

外壁自体のクラック、剥がれていたり、またチョーキング(手に白い粉が付く)が起きていたり…このような劣化した状態が続いていると、外壁から水分が浸透することでその浸透してきた水分がそのまま雨漏りになったり、外壁だけでは収まらず、内側の壁まで腐食してきます。

年中、直射日光を浴びることによる外壁や屋根表面の温度上昇を抑える遮熱効果で、夏は冷房の効果をより高め、断熱効果が高めの材料を併用すれば冬場の室温低下も防ぐことができます。

光触媒塗料や、セラミック樹脂を用いた塗料などは、外壁に付いた汚れを雨などの自然な流水で、自動的に流れおとすセルフクリーニング効果を持つものがあります。